【生贄投票】 漫画 ネタバレと感想まとめ

生贄投票 28話 ネタバレ

投票数が一番多い生徒に社会的死を!

生贄投票

生贄投票

 

タイトル名 生贄投票
作者 江戸川エドガワ / 葛西竜哉
最新話 35話

 

SPONSORD LINK

 

生贄投票 28話 ネタバレ情報

生贄投票のターゲットになった玉森を
心配する美奈都。病院に行ったが玉森の
姿はなかった・・・。一体どうして?

 

美奈都が家のベッドで横になっていると
突然玉森から電話がかかってきた。

 

明日会いたいから来てくれ!!
詳しいことは明日ちゃんと話すから・・・。

 

突然の出来事に動揺する美奈都。
とりあえず今晩の生贄投票に向けて
クラスメイトに玉森の潔白を証明しようと
クラスのマインにメッセージを送る。

 

しかし、クラスメイトから激しい言葉で
やり玉にあげられる。

 

「玉森以外考えられない」
「犯人かばうヤツ同罪」
「死ーね、死ーね・・・」

 

なんなのよコレ!
玉森をかばうほど美奈都の印象が悪く
なっていってしまう・・・。

 

生贄くんから生贄投票開始の合図・・・

 

生贄投票 

 

みんなー0時になったね、投票の時間だよ★
金田淳君の提案を受けて今回から従来の
生贄投票のルールに戻します。

 

リストから投票したい人を一人選んでね。
投票によって選ばれた人は生贄として
”死”を与えるよ♪
いつもの社会的死でなく本当の死を!!

 

生贄投票 

 

俺たちは全員玉森修太に投票することにした。
そーゆーことなんで早く消えろよ・・・。

 

金田淳の言葉を思い出す美奈都。

 

 

翌日
玉森が入院している病院に行く美奈都。

 

朝から呼び出してごめんな。
美奈都が玉森にクラス内でおきている
状況について詳しく話す。

 

なるほどね、俺が生贄投票の犯人?
だったらもっとうまくやるぜ!
でもみんなはそうは考えてなくて・・・。

 

大丈夫だ、もう手は打ってある。

 

そのとき、クラスメイトが玉森のお見舞いに
やってきた・・・。全員生贄投票で玉森に
投票したのになぜ・・・?

 

おー、みんなお揃いで・・・。
急遽みんなでお見舞いに行こうって話になって
みんな玉森のこと心配してたんだ。

 

みんなで書いた寄せ書き受け取ってくれ。
じゃあまた学校で再開するのを楽しみにしてる。

 

生贄投票 

 

クラスメイトが玉森の病室から去っていく。

 

だっはっはははは!!
大笑いする玉森修太。

 

どうしたの・・・?

 

色紙の太字のところをつなげて読んでくれ。

 

ハ ヤ ク シ ネ・・・

 

こういうことには恐ろしいくらい団結力を発揮
するのは俺たちのクラスは・・・。
ホントバカな奴らだぜ!
全面対決と行こうじゃないか★

 

生贄くんから生贄投票の結果の案内があった。
生贄は、当然のことながら玉森修太だ!

 

生贄投票 

 

これで玉森は死ぬぞ!
本当にそうなるかは疑問だがな・・・。

 

一人目の入山環奈こそ事故死したけど
あれは偶発的な不運。そのあとは死んでない。
犯人は人間だ。

 

ネットの力を活用してあくまで社会的死に、
殺すことは出来ないハズ・・・。

 

生贄投票 

 

もう争いは終わりにしよう♪
クラスメイトのスマホに玉森がつくったアプリが!

 

生贄投票のサーバを一時的に乗っ取ったよ。
今ならアプリをアンインストールできる!
みんなで生贄投票を削除しよう♪

 

どうこれ、犯人の趣味に合わせて作ったけど。
天使の割りにキモいね。
思わずニッコリする美奈都。

 

試しに美奈都は生贄投票をアンインストール
してみる。すると本当に生贄投票が消えた。

 

俺も削除しよう。
これで二人が生贄投票を消したことになる。
さて、みんなはどうかな・・・。

 

これでうまくいくかもしれない、
そう思っていたのに・・・。

 

生贄投票 

 

嘘だろ!
俺たち以外の全員がアプリのアンインストール
を拒否した!!どうして!?

 

SPONSORD LINK

 

生贄投票 28話 感想

玉森が生贄投票の抵抗手段をとっても
上手くいかず歯がゆい思いが見えました。

 

色々対策をうっても思い通りにならないので
本当に玉森修太は殺されてしまうのか、
それだけはやめてくれという気持ちで
読んでいます。

 

玉森は生贄投票の重要キャラです。
本当に玉森が死んだらショックです。

 

次の29話で明らかになってくると思いますが
何事もなく過ぎ去って欲しい、
そういう気持ちでいっぱいです。

 

>>生贄投票 29話 ネタバレ

 

SPONSORD LINK


inserted by FC2 system